教育論語録

教育論語録

理想の寺子屋

「マナviva!寺子屋」は、現代の"寺子屋" を目指している。江戸時代に全国に広がった"寺子屋"や、緒方洪庵が江戸後期に大阪に開いた"適塾" のコンセプトを踏襲しつつ、今のこどもたちに ①不足していると思われること、②適していると思われる...
教育論語録

コーチングスタイルの確立

「マナviva!」のパーパスを支える講師には、ティーチングのベースになる各人の特性を活かした"コーチングスタイル" を確立してもらいたいと考えている。所謂 "コーチング" も、知識やスキルを習得することが重要だが、ケーススタディーに重きを...
教育論語録

“報恩” はこどもたちに

「もっともっと」と言う時代は遥か昔に終わったのに、自分のこどもに対してはどうだろうか?戦中の厳しい時代を生きた私の両親は正にその典型で、自分たちが与えてもらえなかったことをこどもに与えようと必死だったのだと思う。  続きはnote...
教育論語録

理想の実現④ クラウドファンディングに挑戦

東大阪市の古民家と、大阪教育大学で教職を目指す学生たちとのご縁によって、「マナviva!寺子屋」をスタートさせることができた。学校や塾に馴染めないこどもたちが安心して学べる場になり、教職を目指す学生たちが実践的に学べる場になることを目指し...
教育論語録

勉強離れ

「マナviva!」は、勉強が苦手なこどもたち、学校に馴染めないこどもたちの"拠り所" になりたいと思う。特に、もともと勉強する意欲があるのに、諸事情により、勉強から遠ざかってしまったこどもたちの。  続きはnoteで 
教育論語録

学びのリカバリー

「マナviva!」に、リカバリーカレッジの優れていると感じる点を取り入れたいと考えている。それは、スタッフと専門医に、対象者も加わって教育内容を検討する仕組みだ。  続きはnoteで 
教育論語録

引き出す、動き出す

一人ひとりのこどものポテンシャルを信じること、それぞれの特性に合わせて固有のポテンシャルを「引き出す、動き出す」ためのサポート役になることが、「マナviva!」 の使命だと考えている。  続きはnoteで 
教育論語録

理想の実現 ③こどもが教える

「他人に教えることによる学びの効果」が高いのは、周知のことだろうと思う。弊社が20年以上取り組んでいる、先輩学生が新入生に教えるスタイルでの「先輩学生」の成長振りにも、目を見張るものがある。  続きはnoteで 
教育論語録

理想の実現 ②寺子屋を地域の拠点に

一人勝ちの時代から、win-win 前提の "分かち合い" の時代にシフトしている今、賛同者との価値の共有化を深めることを進め、「マナviva! 寺子屋」を広めていきたいと考えている。  続きはnoteで 
教育論語録

理想の実現 ①食事の提供

こんな時代だからこそ、"同じ釜の飯を食べる"ことの重要性を痛感している。一緒に食事することは、ほっとできるひと時、幸せを感じられるひと時になるし、コミュニケーションを高める上でも、大切なひと時になると思う。  続きはnoteで  ...
タイトルとURLをコピーしました