なるほどエピソード4

Episode4

「ここまでは頑張りたい!」毎回、学習計画シートを自分で作成することでメリハリのある学習ができるようになった

タマちゃん
タマちゃん

「主体的に学びに向かう姿勢」を目指して、マナviva!寺子屋では、 教務主任タマちゃん作成「学習計画シート」を活用しています!!

学習計画シートの記入例

学習計画・ふりかえりシートはダウンロードして自由に活用ください。

自分の興味には突き進み、面倒くさいと感じることは集中力が切れる… そんな、とある小学校4年生の話。

1.「学習計画シート」を使う前/十分に意識できなかった時期

Sさん
Sさん

今休憩したいからもうちょっとこれさせて

タマちゃん
タマちゃん

そうか~、さっきの続きそろそろやらんの?

Sさん
Sさん

うーん…

どうしても気が進まない内容の勉強は、最初やるまでに時間がかかるし、いざ始まっても気が散ったりしてしまうもの。

「学習計画シート」を使い始める前、使い始めてもあまり考えずに計画を立てていた時期は、

  • 目標や時間ごとの学習内容を定めていても、学習効率は上がらない
  • そもそもやる気にならず、結局ダラダラと休憩時間や気が散る時間のみが無駄に過ぎてしまう

そんなお互いにもやもやする時間が続いていました。
そこで、学習計画シートを書く意義を改めて考え実行したり、改訂をしてみました! さあどうなったでしょう・・・?

2.「学習計画シート」を意識すると…!?

Sさん
Sさん

早く次の○○のワークしたい!!

Sさん
Sさん

ここ早く終わったから先に休憩していい?

Sさん
Sさん

△時までだからここまで頑張ってみる!

タマちゃん
タマちゃん

いいね!でもここミスしてない・・・?(以下学習指導)

Sさん
Sさん

あっ…(笑)

ダラダラ進めることが少なくなり、やる気・集中力が高まっているように見えました。

3. 計画と目標に沿ってできたか、学習全体を振り返ります。

計画とふりかえり、次の目標の記入例

「ふりかえり」:勉強を振り返って、目標・活動がどれだけ達成できたかを確認します。次回頑張りたいこともできるだけ考えて書けるようにします。

エピソードから伝えたいマナviva!での学び方の特徴

  • 自分で目標を立てて学ぶので、主体的でメリハリのある学習時間の使い方ができる
  • 目標でできたことを誉めることで、少しずつ自信がつくようにサポートする
解説

「学習計画シート」を書く意義
・マナviva!の目標「主体的に学ぶ姿勢」を身に付ける近道!
勉強を始める前に、“今日自分は何を勉強しに来たのか”(=自分に必要な学習)を文字化し、それに合った計画を立てることで、平時の学習の習慣化を図る

・メリハリをつけて学習することの大切さ
“人間の集中力は15分が限度”とも、ただ同じワークをダラダラと1時間するより、小休憩をはさんで、ページ数や問題数を決めて分けてやる方が集中し、他のことに気が散らない

ご相談・お問合せ

 マナviva!のことをもっと詳しく知りたい、塾や家庭教師との違いを確かめたい方、相談や体験受講を受け付けています。詳しいご説明いたしますので以下からお問合せください。









    タイトルとURLをコピーしました